著書【超メンタル革命】のご購入はこちらから

衝動がありますか?

おはようございます・こんにちは・こんばんわ、臨床心理士・公認心理師の大槻まどかです。

今日は、[卓越している人が共通して持っている共通項は何か]についてです。

なかなか自分の思う通りにいかないことに嘆いている人や自分の才能について知りたい人向けのブログです。

悩み相談室 自分の才能は何なのか、思う通りにいかないのはなぜなのか

卓越している人たちが共通して持っている共通項のその一つ【深い内省】についてお伝えしましたが、もう一つの共通項が【衝動】です。

     衝動は、英語で言うと【ドライブ】ですが、ドライブはとても重要です

人間は、頭でやらなければと思ってもなかなか行動が伴いません。

京大アメフトチームのメンタルコーチを5年以上させていただいて思うのは、思考が優位になるとどんどん怖くなってしまい、パフォーマンスが下がります。

しかし衝動につき挙げられていくことで、怖さに立ち向かってやり続けることができます。

「ある一つのことには興味がある」

「このことをどうしても考えてしまう」

そんなことが衝動が高まっている状況です。

衝動がなければ、頭で考えているだけなので浮かんでは消えていってしまい、ずっと続けることができません。

衝動があれば「もっと知りたい。もっと知りたい。」となっていきます。

そこに人は才能があります。

自分自身の中に持っている、「私ってこんな人」という思い込みを手放すことが大切です。

思い込みの手放し方法ついては、Make myselfアカデミーで学べますので仲間になってくださいね。

お問い合わせ、お申し込みは↓

https ://cocomado-catalyst.comまで

自分自身の中にいる「自分はこんな人」と思っていることによって、自分自身は作られていく

「私はこんなもんじゃない」と実際の結果がずれていたら衝動が出ます。

「やっぱりこんなものか」と思っていたら、その衝動は出てきません。

自分自身の衝動が突き動かされている方向に向かっていくことが、自分自身の才能を目覚めさせていくこととなります。

なんかしなくてはいけないかもしれないと思いながら役割をして過ごして自分らしさを見失っている人は、自分らしく生きている人が理解できず「あの人おかしい」「ちょっと変わってる」「変な人」などと陰口を叩いている特徴があるなと思います。

人への悪口は、嫉妬かもしくは自分の中でのコンプレックスを表していることがほとんどです。

それは衝動を持って生きているのとは、ほど遠くなり結果充実した人生になりにくいです。

いつも私がアカデミーで伝えている「人生の8つの重要事項」を整えると衝動は勝手に出てきます。

ちょっとこの衝動ということを意識して過ごしてみてください。

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメント欄からも質問や疑問、感想をお待ちしております。

充実した1日をお送りくださいね。

シェアしてね^ ^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です