著書【超メンタル革命】のご購入はこちらから

ココロを枯らさない為の投資とは

こんにちは、臨床心理士・公認心理師の大槻まどかです。今日は、自分を進化させるために、スキルアップさせるために色々な自己投資をなさっている人も多いかと思います。

しかしながら本当の意味での自己投資とはどういうことなのかを問うと「資格に受かるため」「綺麗になるため」「痩せるため」「年収をアップさせるため」と表面的なことが目標になっての自己投資で続かなくなってしまう人向けのブログです。

悩み相談室 自己投資をしても続かなくて結果に結びつかない

人は良質なインプットをして獲得していくことが、理想の人生に導きやすくしてくれます。

自己投資は、どれだけ自分を高めることができるのか、成長することができるのかに挑戦するための方法の一つです。

自己投資をすることによって自分自身の感情を高めることができるものが、本当に自分に合った自己投資です。

なにもお金をかけるだけが自己投資ではなく、自分自身の未来の計画を手帳に書いたり、前向きな気分になることに自己投資できることをすると、ストレスも軽減されて、睡眠の質も良質になり、老化を止めたり、栄養の吸収も良くなるという人生の質が向上します。

成長するための自己投資をせずに何となくやらなければならないことに振り回されて生きると外的なストレスに反応し、いらないものを貯めていってしまうので(脂肪や物など)勿体無い生き方になります。

さらに勉強に集中するといっても、体のメカニズムとしてある程度の歩行数がないとメンタルが暗くなってしまうので自己投資したスキルの吸収も悪くなります。

気持ちを高めるための自己投資をしていくことが大切です。

リラックスすることも自己投資

例えば1日30分くらいは携帯を見ないなどと決めて、リラックスする時間を確保してください。

アロマを炊いたり、お気に入りの曲を聞いたり、本を読んだり、明かりを調整して薄暗くしてゆっくりお風呂に入るなどすることも自己投資です。

自己成長したければ、気分をよくすることに自己投資をすることです。

やらなければならないことのウップンを晴らそうとしてのリラクゼーションはうまくいかないのです。それは我慢して我慢して爆発してリラックスは、何も生まれません。

今日という日は明日という日の土台になります。

大きく成長したいと思って自己投資しても、急にジャンプして届くわけないのです。

ここで多くの人が間違うのが、全力で頑張ったら達成できるんではないかとやってしまう「頑張ったら何とかなる魂」です。

これでは人生が変わらないし、大きな成果は得られません。

コロナのことで終わった時にどれくらい成長できているかを考えて自己投資・スキルアップ・習慣を変える徹底してやった人が夏以降の実りが多い生き方になっていきます。

次のステージにレベルアップしていくために感情を高める自己投資をしていくことが未来が変わります。

今日も最後まで読んでいただきありがとうございます。

Twitterでも毎日情報を発信しておりますので、フォローよろしくお願いいたします。コメント欄からも質問や疑問にお応えしておりますのでお気軽にコメントください。

シェアしてね^ ^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です